大切なことはきっと50代が教えてくれる

人生も後半戦となりました。50代を振り返った時、いい10年だったと思えることを期待して…。

美容皮膚科=美容外科?

実は昨年から顔に気になるイボがありまして…

IMG_7070
まあ、気にならないと言われるかもしれませんが
私は気になる。

昨年からできていたんだけど
マスクで隠れるからそんなに気にしていなかったのですが。

メイクのたびに、やっぱり気になるということで…

美容皮膚科に行く!
ことにしました。

美容外科でなく、美容皮膚科ってのがあるんですねえ。
「美容外科」は、形成外科の医療技術を応用し、
“目を大きくしたい”“鼻を高くしたい”などの美的な悩みに応えるところ。
外科手術などで身体の構造・形を美しく整え、外見的なコンプレックスの解決にあたります。

それに対し「美容皮膚科」は、美肌を生み出す専門集団。
皮膚の構造・メカニズムを熟知した美容皮膚科医が、皮膚の見た目の美的な質感にこだわり、
メスを使わない美容医療で患者様の様々な“肌悩み”を解決していくところ。

で、今回は美容皮膚科に行ってみました。

診断は、「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」。
中身は角質らしいです。
加齢による新陳代謝、肌の再生能力の低下が原因だそうです。

実は、口の周りにもできていたのですが
火であぶった針を刺して
中を絞り出していたんですが
口の周りは成功しましたが
この目の下はやってもやっても成功しなかったので
しぶしぶ病院へ来たということです。

診察したら、「じゃあ、今からレーザーでやりましょう」と言われて。
炭酸ガスレーザーらしいです。
ついでに2カ所してもらいました。
イボの周りに麻酔をして、一気にレーザーで焼く。
2カ所で5分くらいでした。

まあ、麻酔がチクッと痛いくらいで
あとは、全く痛み無し。
その代わり、人の肌を焼くと
こんな臭いがするのね、的な?

IMG_7099
IMG_7100
でも、その日に顔を洗ってくださいね~とのことで。
IMG_7105
こんな感じ。
くりぬき法的な。
また来週、術後の結果を見せに行く予定です。

ついでに自由診療で肝斑の治療もお願いしました。
IMG_7101
3ヵ月くらいやってみることにしました。

乞うご期待かな

年をとるって、こういうことなのね。

「普通とは何か」を考えさせられた日

「僕が飛びはねる理由」を観に行きました。
IMG_7013



毎年4月2日は、国連総会で定められた「世界自閉症啓発デー」で
その日に映画が公開されました。
自閉症の当事者でもある
東田さんが書かれた本を
海外で翻訳され、それが映画になっているそうです。

自閉症の君が教えてくれたこと

彼が13歳の時に書いた本が題材になっています。


映画の方は、実際に自閉症の方が
見たり感じたりしているものを映像化されています。
だから、音が大きかったり、画面が結構揺れたりします。

2年前の(福祉)避難所で
強度行動障害(自閉症)の方たちをケアしたことを思い出しました。

他者との会話が成立しづらいため、
こちらがこうじゃないかと
「勝手」に理解して関わっていたのではないかと
映画を観ながら反省していました。
ここまで自閉症の方が自分の考えを持ち
知的水準が高いことも改めて理解しました。

私たちがそれを理解しようと歩み寄ろうとしないから
彼らも内面の感情や思考を言語化する手段がわからないから
パニックを起こしてしまったり
叫んだり、飛んだりして
で、私たちは、勝手に「わからない人」という
レッテルを貼ってしまっていると
この映画を通してわかりました。
IMG_7014

印象的なのは、
彼らの記憶は線でなく、点。
だから、その点が
すごく昔のことでも、
急に点で蘇ってきてしまうこと。

そして
もし、自閉症が治るとしたら…。
自閉症を治したいと思わない。
だって、これが僕の普通だから。
という、セリフが印象的だった。

本の存在を今日知ったので
読んでみようと思います。

ご興味がありましたら
是非見に行っていただければと思います。

8年目のrestart

8年目のrestart。
IMG_6973
埼玉から東京へ。
IMG_6984
景色が東京って感じ。

事務課。
IMG_6983
食堂もコロナ禍の中でもオープンするらしいよ。
IMG_6988
IMG_6987
今後ともよろしくお願いいたします。




プロフィール

yukojaro

記事検索
  • ライブドアブログ